モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの注意 画面のつなぎ目が気になる

ディスプレイ

いま、積極的にモニター、ディスプレイ、そしてデジタルサイネージを活用して商業展開しようというモチベーションの人たちが多くいます。

しかし、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを活用するために、いろいろ注意をしなければならないことがあります。

画面のつなぎ目が気になる

マルチスクリーンの場合、どうしても気になってしまうのが、画面のつなぎ目ではないでしょうか。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージで、コストを抑えて、インパクトの大きな大画面で映像を流したいと多くの人たちが考えるかもしれません。

やっぱり費用は大事な問題です。そのようなとき、複数の液晶ディスプレイを積み上げして1枚のスクリーンに見立てた「マルチスクリーン」ならどうにかなると判断する人たちもいるでしょう。

果たして、いま、そのような選択肢は正しいのでしょうか。そのような選択肢で注意しなければならないのは、ディスプレイ間の継ぎ目のベゼル(モニターのフレーム)がとても目立ってしまい、どうしても邪魔……と感じてしまうことでしょう。

お店の店主がそう感じるのなら、やっぱりお客様もそう感じているでしょう。

せっかくモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージで宣伝活動ょしようと思ったのに……。

もうちょっとなのに……、結果、全然効果的ではない……ということもあります。

映像ばかりが目立ち、肝心の商品が埋もれてしまってる……

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを使用して、思いきり、宣伝広告しようというモチベーションは正しいかもしれません。

しかし、映像ばかりが目立ち、肝心の商品が埋もれてしまってるケースもある可能性があります。

柱や壁面に液晶ディスプレイ、デジタルサイネージを設置し、多くのお客様が、デジタルサイネージを注目していることでしょう。

しかし、そのようなショップで、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの存在ばかりが目立ってしまうことがあります。

ショップでモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージ展開をしている人たちが意識しなければならないことは、店頭における映像の役目はあくまでも売りたい製品の魅力を演出するに留めておかなければならないことです。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの使い方に慣れて来れば、段々とそのような問題も次第に解消されることになるのでしょうけど、はじめてという人たちは、ついついモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージで大々的に展開し、お客様の目が全く側にある商品に向かないセッティングになっている可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました