モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの注意点 大画面になるほどコストがかかる

ディスプレイ

モニター、ディスプレイを商業的に、有効的に活用したい……という方々も多くいらっしゃることでしょう。

いまは、より宣伝効果をアップさせるため、デジタルサイネージという意識も非常に高くなって来ました。

はじめての方々は、ただ闇雲にモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージというものの、何をどうしていいか全くわからないのではないでしょうか。

まずは、デジタルサイネージ活用方法のイロハを勉強しておきましょう。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージ活用方法

クラウドやインターネットを駆使した大掛かりなものから、USBメモリーを使用したスタンドアロンまで、まさに、ポスター、看板に代わる広告・情報を発信する手段が、デジタルサイネージということになります。

時間や場所、目の前のターゲットに合わせた情報を発信できること、情報をリアルタイムで更新できること、音楽・動画を利用しお客様の目をひく表現が可能なこと……などなど、よりデジタルサイネージに対して期待を広げていることでしょう。

モニター、ディスプレイ→デジタルサイネージへと。そして、 街頭や駅の構内、大型商業施設、スーパー&コンビニエンスストアの店頭などなどのシーンでより用途の可能性は広がるばかりです。

大画面になるほどコストもかかる

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを活用するモチベーションのとき、できるだけ大型の方が、より通行する人たちの関心をここに寄せ付けられると一般的にはほとんどの人たちが考えることでしょう。

しかし、その考えが正解だとしても、大画面になるほど、コストもかかってしまうことになります。

実際に大型デジタルサイネージも簡単にゲットできる世の中にはなって来ていますが、それだけ、中小企業には、お金の問題で難しい課題を抱えしまうかもしれません。

インパクトを訴求したい……というのなら、やっぱり、液晶ディスプレイ単体だけでおおよそ200~300万円あたりかかることになります。果たしてこの費用をあなたの企業では容易に出すことができるのでしょうか。

そのようなとき、小さい企業では、ついついたかが広告の手段と考えてしまうかもしれないですよね。 200~300万円という費用はやっぱり出すことができない企業が多くあります。

そのとき、小さいモニター、ディスプレイで断念してしまうかもしれないですが、他の企業が大きなモニター、ディスプレイを活用している以上、その大きさでは、全然通行する人たちをひきよせることができないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました