モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの注意 移動や持ち運びには向いていないかも

ディスプレイ

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを設置して、ショップで広告展開、それは、かなり有効的方法です。

しかし、はじめてモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを利用する人たちは、ついついこのような問題を無視して行動してしまうかもしれませんので、注意する必要があります。

常設での使用が基本で移動や持ち運びには向いていないかも

モニター、ディスプレイは移動にも楽……という考えを持っている人たちも多いのかもしれないですよね。

しかし、注意しなければならないのは、モニター、ディスプレイのサイズが大きくなってしまうほど、重量もどんどん嵩んでしまうことになります。

おおかた、一度、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを設置したら、しばらくはそのままにしておくという意識が正しいでしょう。

売り場の改装やお客様の動線変化に応じ、フレキシブルに配置を変更すればいいだろうと考える人たちもいますが、モニター、ディスプレイはそれ程自由性がきくものではありません。

屋外などで何かイベントを行う際、持ち運んで設置しよう……という意欲は、してみればわかることですが、それほど現実的問題ではないです。

デジタルサイネージのある場所を中心に売り場や店舗のレイアウト・商品配置を自由にしようという人たちは、すぐに期待は裏切られてしまうことになります。

ただ設置するだけでは、もはや注目されない?

そして、次のモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの問題は、ただ設置するだけでは、もはや注目されないかもしれないということです。

まだ、どの企業もモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを採用していない時には、珍しいから多くの人たちがモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージに足を止めるでしょう。

しかし、どこもかしこも最近では、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージという感じになって来ているのではないでしょうか。そのような時代が既に来てしまったのです。

経験上、そこにモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージがあっても、全然無視……というシーンは、今まで多くあったのではないでしょうか。

いま、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージに対して、そのような意味では新しい時代に突入したとも言うことができるかもしれません。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを設置しようとしている人たちがしなければならないのは、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージに対してのプラスαのオリジナルのアイデアです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました